Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
【リンク】
雑草が生えないハヤサンド
JASOA
八王子のホームページ作成
横浜の掃除はおそうじ隊501
迷わない東京デート
タウンワークプラス
タウンワークプラス 書籍編
おすすめ漫画【ヘタリア】を暴く
長寿祝いマスター 〜完全攻略〜
大切な人への最高のプレゼントとは
全国の温泉比較 〜名湯の味わい紹介〜
金運アップ辞典
多重債務を簡単解決
めっき加工の三鷹金属化工所
ゴム糸のあずま
八王子のパソコン導入
老眼治療で新生活
フケの嵐〜頭皮相談〜
手相占いの基本を学ぶ 〜人生を変えよう〜
四柱推命で人生を知る
子宮筋腫の治療法
危険な性病 〜正しい性感染症の知識〜
エステサロンで変身
GLAMOROUSへの扉
レンタルユニフォーム.jp
八王子の司法書士 小林司法書士事務所
下田材木店
株式会社シーシーデー
ホリスティック医学の世界
こうすれば精力は取り戻せる! 精力増強アレコレ
Recommend
New Entries
Recent Comment
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
キリスト教式結婚式

 キリスト教式の結婚式というと、クリスチャンでなければ挙げる事ができなじゃない?と思う人もいるでしょう。
キリスト教の教会で結婚式を挙げる場合、本来ならば2人のどちらかが信者である事が原則となります。
カトリックの教会がこれにあたりますが、プロテスタントの教会では、信者以外でも大丈夫な所もあります。
その場合、挙式前に何回か教会の講和を聞きに行ったり、勉強会みたいなものがあったり、キリスト教式で結婚式を挙げる準備期間があるようです。

近年では、クリスチャンでない方でもホテルや結婚式場内のチャペルであれば、キリスト教式結婚式を挙げる事ができるようになってきました。
キリスト教式結婚式は、以下の流れで行われます。


1.入場
新郎は聖壇前の右側に立ち、新婦を待ちます。
新婦は父親にエスコートされてヴァージンロードを歩き、聖壇前に着いたら父親は新郎に新婦を引き渡します。


2.賛美歌合唱
全員が起立をして賛美歌を合唱します。
歌詞は、式次第に印刷されています。


3.聖書朗読
牧師が聖書の一節を朗読し祈祷するので、全員目を伏せて聞きます。


4.誓約式
牧師が、新郎新婦それぞれに永遠の愛を誓う問いかけをし、新郎新婦それに答えます。


5.指輪交換
新郎は牧師から指輪を左手で受け取り、右手に持ち替えて新婦の左手薬指にはめ、続いて新婦も同様に新郎の左手薬指に指輪をはめます。
この時、新婦は左手の手袋を外して準備しておきます。


6.結婚宣言と結婚証明書への署名
牧師は、新郎新婦の手の上に自分の手を置き、2人に神の祝福があるようにと祈祷した後、参列者に2人の結婚が成立したことを宣言します。
次に教会で用意されている結婚証明書に署名します。


7.賛美歌の合唱と祈祷
全員起立して賛美歌を合唱し、牧師が結婚を祝う祈祷をします。


8.新郎新婦退場
新郎新婦は腕を組み、参列者の拍手や祝福を受けながらゆっくりとヴァージンロードを歩いて退場します。


純白のウェディングドレスに身を包み、ロマンチックな雰囲気で行われるキリスト教式結婚式が、昨今からカップルの人気を集めています。



posted by: marryryo | - | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
神前結婚式

 日本の伝統的な挙式のスタイルに神前結婚式があります。

神社や会場に設けられた神殿で行われ、神の前で結婚の報告と誓いをします。
式に参列できるのは、両親、兄弟、おじやおばくらいまでの親族に限られているので、日本人らしい厳粛な式となります。
神前結婚式は、以下の流れで行われます。


1.入場
巫女の先導にて、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順に入場します。


2.修祓の儀(しゅうばつのぎ)
斎主(神主)が祓詞を奏上し、身を清める儀式として参列者は全員起立して頭を下げ、おはらいを受けます。


3.祝詞奏上(のりとそうじょう)
斎主が神に2人の結婚を報告し、新郎新婦の新たなる門出を祝う祝詞を読み上げます。


4.三献の儀(さんこんのぎ)
新郎新婦が、大中小3つの杯でお神酒を交互に飲み(三々九度の杯)、夫婦になる契りを交わします。


5.誓詞奏上(せいしそうじょう)
新郎新婦は神殿に進み、新郎が誓詞を読み上げ、新婦は最後の新郎の名前の後自分の名前を述べます。


6.指輪交換
まずは、新郎が新婦の左薬指に指輪をはめ、続いて新婦が新郎の左手薬指に指輪をはめます。


7.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
新郎新婦はそれぞれ玉串を持って神の前に立ち、二礼二拍手一礼をします。


8.親族杯の儀
巫女の合図で、両家の親族が 同時にお神酒を三口で頂きます。


9.斎主あいさつ
斎主が祝福の言葉と式の終了を告げます。


10.退場
新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順に退場します。


神や親族の前で読み上げる誓いの言葉を事前に準備する必要はありません。
会場に定型文が準備してありますので。
また、希望があれば自分たちの言葉に直す事もできますよ。

 

posted by: marryryo | - | 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
結婚式の日取り

 結婚式を挙げるにあたり、最重要なのは日取りを決めることですよね。
2人にとって大切な結婚記念日になるのですから、慎重に決めたいものです。


中国から伝わり、日本の旧暦で吉凶を占う基準となる6つの日の事を「六輝(ろっき)」といいます。
日本の冠婚葬祭にはこの六輝を目安にする事が多いので、ここで紹介したいと思います。


六輝には、大安(たいあん)、友引(ともびき)、先勝(さきがち・せんしょう)、先負(さきまけ・せんぷ)、赤口(しゃっこう・しゃっく)、仏滅(ぶつめつ)の6種類があります。


大安とは、「大いに安し」の意味です。
1日通して吉なので、何をするにも順調に物事が運ぶおめでたい日とされています。
友引とは、先勝・先負の間に入って、何をしても勝ち負けがつかないとされる日の事です。
午前中と夕方は吉、正午のみ凶とされています。
「友を引く」として、結婚式には喜ばれ、葬儀には避けられています。
先勝とは、「先んずれば勝つ」という意味です。
午前中が吉、午後は凶で、急いで物事を運ぶと良いとされています。
先負とは、「先んずれば負ける」という意味です。
午前中は凶、午後が吉で、何をするにも控えめにするのが良いとされています。
赤口とは、赤口神という鬼神が人々を悩ます日だと言われ、赤口神が休む午の時(11時?13時)だけは吉とされますが、一般的には厄日で特に祝い事には大凶です。
赤は、火や血を連想するので、火の元や怪我に注意するようにとも言われています。
仏滅とは、「物事が滅する日」の事です。
「物滅」が転じて「仏滅」となりました。
万事全てが凶の最悪の日とされています。


結婚式には大安や友引が良いとされていますが、キリスト教の式の場合には六輝は関係ありません。
会場によっては、価格を抑えた「仏滅挙式プラン」というのもあるようです。


自分たちの仕事の都合や両親の予定を考えながら、半年前には会場を予約しておくのが望ましいでしょう。
結婚式の日取りが決まれば、後は準備を着々と進めていくだけです。



posted by: marryryo | - | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |-
会場探し

 会場探しをしていると、いよいよ結婚するんだという実感がわくものです。

結婚式の会場には、以下の種類があります。


結婚専門式場は、結婚式を目的としているので、当然ながら結婚に関するさまざまな設備や知識が充実していると言えます。
式から披露宴まで、全ての準備がここ1ヶ所で済ます事ができるのも魅力の1つです。
スタッフも経験豊富なので安心感も得られるでしょう。


ホテルウェディングは、挙式場、レストラン、宴会場、宿泊施設など全てがそろっており、交通の面でも駅前にあるなど立地条件も便利です。
また、バリアフリーも行き届いているので、高齢な方や障害をお持ちの方にも安心です。
教育の行き届いたホテルマンの対応の良さも、ホテルウェディングの売りと言えるでしょう。


レストランウェディングは、アットホームな結婚式がしたいカップルに人気です。
そのレストランでしか味わえないおいしい料理が、やはり一番の魅力です。
最近では、チャペルが併設されているレストランもあります。
結婚後も好きな時に食事に来られるという点も、思い出がいつまでも色あせなくていいのではないでしょうか?


ハウスウェディングは、一軒家を丸ごとレンタルして、新郎新婦がお客様を自宅に招いておもてなしするといった、普通とは一風変わった形式です。
結婚式当日に関する準備は、全て自分たちの好きなように決める事ができます。
2人らしさをたくさん盛り込んだ、手作りの結婚式が実現できるというわけです。


海外のリゾート地などで挙式をする海外ウェディングも人気ですね。
日常から離れた異国の地で、2人だけ、または両親や近しい友人に見守られた結婚式はとても厳かです。
海外で挙式を挙げた場合は、帰国後に披露宴を行う事が多いようです。


posted by: marryryo | - | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
結納

 結婚準備には、「結納」があります。
結納とは、その字のとおり、両家が親類となって「結」ばれた事を祝して、贈り物を「納」め合う伝統的な儀式です。


結納には、仲人が両家を行き来して結納品を届ける「正式結納」と、彼女の家か料亭やホテルに一堂に会して結納品を交わす「略式結納」があります。
略式結納は、仲人を立てる場合と立てない場合があります。
結納は、結婚式の半年前から3ヶ月前までに、日柄の良い午前中に行うものです。


結納品の数は、目録(もくろく)、長熨斗(ながのし)、金包(きんぽう)、友白髪(ともしらが)、末広(すえひろ)、寿留女(するめ)、子生婦(こんぶ)、勝男武士(かつおぶし)、家内喜多留(やなぎだる)の9品目です。


目録は、結納品の品名や数を記した物です。
長熨斗は、アワビの肉を干して伸ばしたもので長寿をイメージします。
金包は、結納金を入れた物です。
友白髪は、白い麻糸や麻布の事で、「共に白髪になるまで仲睦まじく」を意味します。
末広は、真っ白な扇で、末広がりの繁栄を願っています。
寿留女は、スルメの事で、日持ちがするので「末永く」を意味します。
子生婦は、昆布の事で、「子宝に恵まれ子孫繁栄」→「よろこぶ」事を意味します。
勝男武士は、鰹節の事で、男性の力強さをイメージします。
家内喜多留は、祝い酒を入れる酒樽の事で、家内円満をイメージします。


勝男武士と家内喜多留を除いた7品目や、そこからさらに寿留女と子生婦を除いた5品目の略式で行われる事も多いようですが、いずれにしても2つに割れない奇数で準備をします。


服装は、男性はブラックかダークカラーのスーツ、女性は振袖や黒以外のスーツやワンピースを着用します。
両家の父親は、スーツならスーツ、礼服なら礼服と両家が同じになるようにします。
両家の母親は、女性の服装に合わせ、和装なら訪問着や付け下げ、洋装ならスーツやワンピースを着用します。


最近は結納を行うカップルが減ってきていて、両家顔合わせの食事会で済ませてしまう場合が多いみたいですね。
どんな形式にするにしろ、お互いの両親の納得いく形で行えばいいのではと思います。

 

posted by: marryryo | - | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
結婚が決まったら

 結婚をすると決まったら、まず初めに何をしましょう?


お互いの両親へ結婚の報告をする。
これが、結婚準備の第一歩です。


日程は、自分たちの都合ではなく、両親の都合を確認して決めます。
普段から相手方のご両親と親しくしていても、この時ばかりはけじめが大切です。
当日は、男性はスーツ、女性はスーツやワンピースなど清潔感のある服装で、手土産を持って訪問しましょう。
両親と対面したら、すぐに結婚を切り出すのではなく、少し談笑して場を和ませてから本題に入ります。
どちらの家でも、彼から報告するようにします。
きちんと正座をして、「○○さんと結婚させてください」と誠意を持ってはっきりと告げましょう。
「娘さんをください」と言うのは、嫌がる両親もいるので避けた方がいいかもしれません。


結婚を承諾してもらえたら、次に両家の顔合わせをします。
最近では、食事会を伴った顔合わせが多いようです。
会場は、周りに気を遣わず過ごせる個室のある所がお勧めです。
お互いの家の中間地点に会場を選ぶと、どちらにも不公平がなくて良いでしょう。
当日は、会場の雰囲気に合った服装を選ぶようにします。


平服にする場合も、お互いの服装が違いすぎないよう、事前に話し合っておきましょう。
気になるのが、同日会話が途切れてしまって気まずい雰囲気になってしまう事ですよね。
あらかじめ相手方の情報を知っておくと、話題も増えスムーズに交流できると思います。
また、お互いの兄弟姉妹が同席するというのも、お互いの家族構成を知るいい機会です。
費用は、両家で折半するのが普通です。
お勘定の時に両家が払い合いをしないように、前もって用意しておく事をお勧めします。
また、2人から両親へご馳走するという形を取るのもいいでしょう。


やっぱり、お互いの両親の祝福のもとで、結婚準備は進めていきたいですね。

posted by: marryryo | - | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |-